慰謝料

交通事故に遭ったら

予期せぬことで交通事故にあってしまうことはあります。それだけでもかなりショックなことなのに、ケガまで負ってしまうということもあります。

交通事故に遭ってしまったらまずは、警察をよぶことが必要です。事故証明を書いてもらうことで、その後保険会社との賠償金や慰謝料の支払いが可能となるからです。

またそのときに、体に痛みが感じなかったからといって、病院にいかないというのは、やってはいけないことです。ぶつかったという事実があったらすぐに、医者のいる病院でレントゲンを撮ってもらって診断書を書いてもらうことが必要です。

そのうえで治療をしていくことが必要です。そのときに痛くないからと放置してしまって、数日してから痛みがでたということは、よくあることです。そのときは緊張しているので、体からアドレナリンがでて痛みを感じなくなっているのですが、リラックスしたときに痛みがでるからです。ある程度治療をして完治した場合はそれでいいですが、それでも治らないというときには、医師によって後遺症の症状固定をしてもらう必要があります。

これによって後遺症の等級がきまり、保険会社からの賠償金や慰謝料の金額がきまっていくことになりますが、日本の場合、被害者が満足できるような金額が提示されないことが多いです。

交通事故に強い弁護士に相談しよう!

自分に非がないのに、つらいけがを負い、慰謝料も少ないというのは納得できないことです。このときに自分でなんとかしようと思わないで、交通事故 弁護士に相談することが必要です。

弁護士は事故状況やケガの状態など、検証していきますしあなたにかわって相手の保険会社と交渉してくれるからです。保険会社からいろいろと個人的にいわれることは、悪意がないと思っても被害者側としてはプレッシャーに感じてしまうケースもありますが、これが弁護士にすべて依頼するのですからとても安心してお願いすることができるのです。

結果として個人で交渉していくよりもずっと増額する可能性があります。ただし依頼する弁護士は、交通事故についての案件の経験が豊富な弁護士に依頼することが必要です。というのもこのような交渉というのは、その交通事故の事例がとても複雑なので経験がものをいうこともあるからです。交通事故の案件に強いという弁護士を探して依頼することで、慰謝料も賠償金も増額することが可能といえるのです。そのためにも被害者はきちんと治療をしたり、事実を正確に正直に弁護士に伝えることが必要です。