事故はどんなに自分が気をつけていても起こってしまいますが、もらい事故は特に被害者側には責任のない交通事故のことをいいます。

交通事故にあった場合、被害者は加害者または加害者の加入する保険会社などに対して、損害賠償をすることができます。ただし、被害者側が事故発生の原因の一部を作り出している場合にはその割合に応じて相手側に請求することのできる金額が変わってきます。

赤信号で停車していたら追突されたなど、被害者側に責任を負わない事故のことをもらい事故となります。この事故は以外と多く、起こる事故の約3件に1件はこの事故だとされています。

通常の交通事故の場合は自動車保険の中に「示談代行サービス」というものが付いているため、加入している保険会社の担当者が加害者側との交渉を行ってくれることも多いです。しかし、被害者に責任がない場合には被害者に賠償責任が生じないため、自分が加入している保険会社は損害賠償を支払う必要がない状態です。そのため被害者側の保険会社が被害者に変わって加害者側と示談交渉をしてしまうと弁護士法に違反してしまうことになります。

そのため、責任のない事故の被害者になってしまった場合には、自分が使っている保険会社が被害者に変わって示談代行することができないため、示談金や慰謝料を適正な相場で手に入れるためには弁護士を利用することが大切です。

近年では、このような事故を想定して保険に弁護士費用特約をつけることもできるようになっています。費用特約は保険会社が弁護士に対して費用を支払ってくれるサービスで、被害者は負担なく法律の専門家に示談交渉を依頼することができるようになります。保険会社によって特約の金額は異なりますが、年間数千円でこのサービスは利用することができます。万が一に備えてこのサービスがついた特約付きの保険に加入しておくことがオススメです。

そんな特約を付けていない場合には、自分で弁護士を探して交渉してもらうことになります。自分で示談交渉を行うことはできますが、手続きなどが面倒であったり、相手の保険会社に適正価格よりも下回る金額で示談するように交渉されてしまいます。素人ではそのような交渉は難しいことから、法律の専門家に依頼することによって適正な金額の示談金などを手に入れることができます。

ただし、弁護士を選ぶ場合には選び方に注意が必要です。法律事務所と言ってもそれぞれ得意な分野が異なっており、借金や離婚などが得意なところもあります。そのため交通事故に強い法律事務所に依頼することによって交渉がスムーズにいくことが期待できます。

選び方としては、まず簡単で最も信頼できるのは知人から紹介してもらうことです。できれば過去に交通事故を取り扱ったかを聞いてから依頼することをおすすめします。近年ではインターネットなどの広告で無料相談や経験豊富などの謳っているところをよく見ますが、これは信用しても良い可能性があります。広告は規定に基づいて出しており、規定に違反した広告には広告主に中止や排除が命じられるからです。

また、インターネットを使った探す方法もあります。たくさんの法律事務所があるためどこを選んだら良いのかわからないという場合には、なるべく何件も見るようにして無料相談などを活用して自分に合いそうな法律事務所を選んでいきます。他にも、特定の案件に強い人を簡単に探せるように特化したポータルサイトもあります。それを利用することで、特定分野に強い法律事務所を紹介してもらうことが可能です。

相談する場合には、示談金や慰謝料などのお金に関することのほか、裁判になった時の対処などもきちんと相談することが大切となります。