携帯電話やスマートフォンが世の中に登場して浸透し、既に何年も経ちましたが、世の中のそういった変化は別の変化も生み出します。例えば交通事故です。スマートフォンや携帯電話での通話や画面を見ながら自動車を運転することを「ながらスマホ」と呼びますが、それは例えば一昔前であれば雑誌や新聞を読みながら車を運転する「ながら運転」の現代版といえるでしょう。

運転をしている最中にスマートフォンがなり、家族や恋人からのメール受信を告げる、そのため一瞬余所見をして通行人や自転車などと衝突する交通事故を起こしてしまう、それはとても多くなっているのが現実です。このながらスマホを原因とする交通事故は年々増加傾向にあり、そのために時代にあった法律をということで危険運転の厳罰化が国会で取り上げられ、道路交通法の改正が叫ばれたのです。

もしもあなたの大切な人が、大型トラックの運転手のながらスマホが原因で轢かれて亡くなってしまったとしても、現行の道路交通法では罪が軽くなってしまうこともあるのです。そんなケースは更なる悲劇しか生まないでしょう。罪を予め重く設定しておくことで、それぞれが自分の行いに気をつけるようになる、それが法律の抑止力です。

実際にながら運転で何らかの通信機器を使うことは、現在では道路交通法の第71条5の5によって禁止されています。簡単に言うと、自動車または原動機付自転車が停止している時を除き、携帯電話、無線装置で通話、画像表示用装置を中止することを禁止しているのです。つまりこれは携帯電話やスマートフォンだけでなく、カーナビなども運転中に中止することはダメということになります。多くのカーナビはそのために走行中には画面を操作出来ない仕様になっているのですが、個人が持つスマートフォンやタブレット、携帯電話ではそういう仕組みにはなっていません。そのため、つい、といった気軽な気持ちで見てしまうのです。

現在の道路交通法では第71条5の5に違反すると、2種類の罰則が与えられます。まずは「携帯電話使用等(交通の危険)」の罰則、そして「携帯電話使用(保持)」の罰則です。これらは現在では基本的には反則金を支払うことで罪には問われなくなります。乗っている車の種類や大きさによって金額は変わりますが、基本的にはお金を払って点数を減点されればそれで終わりです。しかしこれが、道路交通法の改正後には厳罰化されるのです。

ながら運転に関する道路交通法が改正されると、罰則は厳罰化されて懲役の長期化、そして罰金金額も増加する見込みです。今では罰金は何千円という単位ですが、改正後は何十万という単位になりますし、保持しているだけでも懲役がつくことも有り得るのです。そして一番大事な点は、反則金に関する項目の記載がなくなっていることでしょう。これは交通違反申告制度から除外されるためで、反則金はなくなりますが、それは最初から罰則の対象となることを意味するのです。つまりながら運転の事故を起こすことで一発で前科がつく犯罪になるということですから、気軽に「ただスマホをもっていただけです」では通用しなくなるのです。

この改正が実際に始まるのは早ければ2018年の年末ころ、遅くても2019年の4月と言われています。しかし改正案に反対意見が出て否決されれば当然道路交通法は改正されませんから、その場合には厳罰化は実施されません。改正されてもしなくても、ながら運転が人の命を奪う可能性がある非常に危険な行為であることは明白です。ふとした瞬間の、ほんのちょっとしたことで大事故は起こる、そして自分の人生も周囲の人の人生も変えてしまう、そう心に刻み、安全運転を心がけたいものです。