交通事故には相手の車が信号無視などの危険運転を行ったことでそれを避けようとして転倒してケガをするなど、車と接触せずに発生する非接触事故があります。相手の危険運転によって発生した事故では接触していなくても補償の対象になり、加害者である相手側の自動車保険を使って補償が受けられますが、事故発生直後に警察を呼んだか否かによって補償に関する経緯がかなり違って来るため注意が必要です。

事故発生直後に警察を呼んで非接触事故が実際に起こったことを証明することができ、事故原因が明らかに相手側にあると警察に記録してもらうことで相手側の自動車保険から治療費等の補償を受けることができます。警察に知らせた際に重要なポイントは警察官に対して事故が起こった際の詳細状況をしっかりと伝えることで、明らかに加害者側の危険運転によって発生した非接触事故と証明してもらうことができれば自賠責保険や任意保険から受けられる補償がより手厚いものとなります。

厄介なのは、接触しなかった事故だけに加害者側が事故に気付かずに走り去ってしまったり、わかっていても逃亡してしまった場合です。このような場合でも基本的に警察を呼んで事故に遭ったことを伝えるべきで、現場から相手が立ち去ってしまったからと言ってウヤムヤにしたまま後日やはり警察に通報しようと考えても、交通事故が発生した因果関係が証明し難いということで事故証明の届け出を断られてしまうケースが多いと言われます。

接触による交通事故の場合は因果関係は問題になりませんが、接触していない場合には危険運転をした車の影響で事故を起こしたのかどうかが重要になるため証拠の有無が取り沙汰されることもあります。事故から日数が経っている場合、証拠がないということで接触による事故と認めてもらえない可能性が高まります。

近年はドライブレコーダーの普及によって事故の一部始終が記録されているケースもあり、加害者側の車が走り去ってしまったとしても周辺に居た車のレコーダーに記録されている可能性もあり、その点からも事故直後に警察に連絡することが重要です。それでも逃げた相手が見つからないなど加害者側からの補償を受けることができない場合は、事故に遭ってしまった被害者自身が加入している保険を利用して補償を受けることになります。

ケガをした場合は被害者自身の自動車保険や健康保険、生命保険からの補償や、事故が通勤の行き帰りであれば労災保険を申請して治療費の補償を受けるという方法もあります。そういった保険の中でも利便性が高いのが自動車保険の人身傷害保険プランで、治療費と慰謝料の補償を受けることができます。被害者自身が加入している自動車保険でなく家族が加入しているものでも人身傷害保険を使った補償が受けられる可能性があり、警察に通報しそびれた場合や加害者が見つからず相手の保険からの補償が受けられない場合でも諦めないことが大切です。

補償を受ける上で重要なのが交通事故に遭ったために負ったケガと証明する必要があることで、ケガをした日時と原因・どの部位をケガしたのかを医師に診断してもらいます。大事なのは非接触による交通事故が発生してから「14日以内」に医師から診断を受けることで、その日数を過ぎてしまうと日にちが経ち過ぎていることを理由に事故とケガの因果関係が認められないとされてしまい、補償が受けられなくなってしまいます。

非接触事故は因果関係のほか事故の当事者同士での過失がどの程度あるかを示す過失割合が重要になって来る上、加害者側が言いがかりと主張することも多く法律的な問題点の多い交通事故と言われます。そのため弁護士に相談したほうスムーズな解決と速やかな補償につなげることができます。