事前認定って何?

事前認定、被害者請求、そして後遺障害認定はいずれも交通事故で人的損害を負った際に関係してくる言葉です。まず事前認定です。交通事故により受傷し、それに対して継続的な治療が必要になった場合には、当然、治療費が発生します。

これは通常、相手方の任意の自動車保険会社が自賠責分も立て替えて支払うと言うのが一般的です。これは「一括払い」と呼ばれています。

しかし継続的な治療を行っても後遺症を抱えることになった場合には、これ以上、治療をしても完治する見込みがないと診断されたと言うことです。

よって然るべき認定を受け、然るべき賠償金を受け取る流れへと移行していきます。その然るべき認定と言うのが後遺障害認定のことで、事前認定は一括支払いの流れのまま任意の自動車保険会社がその手続きを行ってくれることを意味しています。

相手の保険会社が何もかも行ってくれるので、損害を負った側には一切、手間が発生しないと言うのが事前認定のメリットです。ですが加害相手の保険会社に認定を任せきりになってしまう、また賠償金を受け取るために必要な認定に自分の意見が反映されないと言うデメリットがここにはあります。

保険会社が書類や資料の不備を直したりすること、また被害を負った側に有利になるようなアドバイスをすることなどはないので、本来の認定とはかけ離れた認定が行われてしまう可能性が否定できないと言うことです。

被害者請求のメリット

そこでこうしたデメリットを払しょくするためにあるのが、被害者請求です。被害者請求は文字通り、損失被害を負った側が自分で自賠責保険会社に連絡をして、後遺障害認定を申請する方法です。この方法をとった場合、事故に関する書類や資料を、被害を負った側が全て揃えなければならないと言う、結構な手間が発生します。

ですがその分、被害を負った側からの認定を期待することができますし、自分の立証責任を果たすことができます。また専門家に依頼して、書類や資料の内容を精査してもらうことができると言うのも、大きなメリットです。

後遺障害認定は介護を要する後遺障害の場合の2つの級と、後遺障害の等級の14の級が存在しています。そしてそれぞれに対し、支払われるべき賠償金の額が定められています。

つまり後遺障害認定の結果によっては、受け取る賠償額に大きな差が発生する可能性もあると言うことです。事前請求でも、被害者請求でも、認定のための調査を行うのは同じ損害保険料算出機関と呼ばれる機関です。

よってより自分の損害に合った等級に認定され、賠償金を得るためには、そのために必要なポイントを抑えた内容の書類を提出することが必要です。